上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ・ブラジル大会の決勝・ベスト8の残る最後の1チームは、ベルギー対アメリカ戦の覇者となります。この試合はベルギーが、前半から個の能力に優れたアタッカー陣の仕掛けでアメリカのゴールを何度も脅かしますが、ゴールキーパーのハワード選手の好セーブに防がれ続けました。再三ベルギーがアメリカのゴールを攻め続けますが、集中力を保ち続けたアメリカの牙城を崩せずに前後半終了、この試合もスコアレスドローで延長戦になりました。均衡は、攻め続けるベルギーが延長前半に2得点を挙げ集中し続けたアメリカを破りベスト8に進出しました。対するアメリカも延長後半に1点を返し、その後も猛攻を仕掛けましたが、一歩及びませんでした。


nrt-t.com/duties.html
一般貨物自動車運送で安全輸送を心がけてくれる業者と言えばエヌアールティーです。


akita-nissei.jp/works/
煙突造りで日本の経済やモノづくりを支えるのが株式会社日誠工業です。


ワールドカップ・ブラジル大会の決勝・ベスト8の残る2チームですが、今日決まりました。アルゼンチン対スイス戦は、前後半スコアレスドローで延長戦に入りました。延長前半でもお互いにスコアレスの状況、延長後半13分についに均衡が破れました。世界のスーパースター・メッシ選手がドリブルでスイスの出フェンス陣を交わして行き、ディマリア選手が左足でネットを揺らし、ゴーーール!!!。その後のピンチも耐え抜き、激闘を制しました。やっぱり、アルゼンチンは強いですね。しかし、スイスも良く頑張りました。優勝候補のアルゼンチン相手に良い試合を見せてくれました。スイスのサッカーがここまで強いとは思っていませんでした。スイスの国民に謝ります。


シロアリ消毒なら株式会社三共エクスト
横浜でシロアリ消毒をするなら株式会社三共エクストがおすすめです。ネズミの駆除もしています。


誘導加熱装置のウチノ
金属を溶かすぐらいの過熱装置をいろいろと開発しているのがウチノです。


ワールドカップ・ブラジル大会の決勝・ベスト16のトーナメント、今日の2試合目は、ドイツ対アルジェリア戦、今日の試合は、2試合共にヨーロッパのチーム対アフリカのチームの対戦になりましたね。ドイツは、前半はボールを回しながら隙をうかがいますが、堅固な守備ブロックを構築したアルジェリアを崩せず、逆に、カウンターからピンチを招いてしまう一進一退のゲームとなりました。ドイツのノイアー選手の好守もあり、前半をスコアレスで折り返すと、後半に入り目まぐるしく攻防が入れ替わるスリリングな展開となりました。互いに決め手を欠来ましたが、延長に入り、ドイツが2得点を上げ、ベスト8進出を果たしました。アルジェリアも最後に一矢を報いましたが、ベスト16で幕を閉じました。


www.nprkk.co.jp/material/index.html
プラスチックのマシニング加工や接着加工など、高品質で精密なプラスチック部品を作るなら日本プラアール工業がおすすめです。


日新工業株式会社ならこちら
日新工業株式会社は新潟県内及び首都圏を中心に機械設備工事や水道設備工事をしている会社です。


フランス対ナイジェリア戦、後半戦に入り、相手のドリブル突破に苦しむ場面が増えてきましたが、ディフェンス陣が粘り強さを得点を許しません。セットプレーのピンチもことごとくはね返し、ゴールを守りました。攻撃面では、グリーズマン選手を後半から投入して好機が増加しました。得点の匂いが漂い始めると、後半34分に、ポグバ選手がコーナーキックからの流れからヘディングで押し込んで、ゴーーール!!、ネットを揺らしました。リードを得た後は、巧みな試合運びで時計の針を進め、アディショナルタイムにナイジェリアのヨボ選手のオウンゴールを誘い追加点を奪取し、ベスト8への進出を決めました。やはり、フランスは強いですね。ここからが、問題かもしれませんが。


エム・コット
回路や基板の設計・製作・評価やSoftware開発なら新しい技術や新しい発想を形に変えるエム・コットがおすすめです。


有限会社穂乃香のデイサービスほのか
宮城県遠田郡美里町で、「あるがままに過ごせる」をコンセプトにしたデイサービスをやっているのは有限会社穂乃香です。


ワールドカップ・ブラジル大会の決勝・ベスト16のトーナメント、今日も2試合が行われました。1試合目は、フランス対ナイジェリア戦です。フランスは、立ち上がりからナイジェリアのアグレッシブな攻撃陣に手を焼き、スピード勝負に持ち込まれて自陣深くまで攻め込まれるケースが多く、劣勢を虐げられていましたね。ですが、最終局面では冷静に対応し、得点を許しません。守備からリズムをつかむと、徐々にポゼッションを高めていき、ポグバ選手が決定機を迎えるなど、オフェンスも活性化してきました。その後も主に右サイドから攻撃を組み立ててゴールに迫りますが、エニェアマ選手を中心とした守りを崩せず、スコアレスで前半を折り返しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。